若槻千夏ブログ終了!激やせの薬ではなく難病・潰瘍性大腸炎だった!

タレントの若槻千夏が28日にブログを更新し、10年間続けてきた

ブログを終了することを発表しましたが、終了する理由や激やせの

理由についてもまとめてみました。

 

SponsoredLink

 

若槻千夏が10年続けたブログを終了する理由は?

若槻千夏は、28日に自身のブログを更新して

10年間のブログを終了することを発表しました。

こんにちは。

本日は皆様にお知らせがあります。
突然ではありますが、
本日をもちまして

ブログを終了させて頂きます。

 

ブログを始めて早10年。

当時はSNSが数少なく

皆様と繋がる最大のキッカケとなり

今、振り返ってみると

色々な事に気がつけて

気づかされて生かされたのが

このブログでした。
感謝の気持ちでいっぱいです。
今は

私よりキャラクターのクマタンの方が

おもてに出る機会が多くなっています。

いつしか自分もそれを望み

本気でキャラクターをやろうと思っている最中

“私が一番に出る事が

長い目でみた先にある正解ではない。”

そう思いました。

なので

本日、余談ではありますが30歳になるのを

キッカケに。

決めました。

(若槻千夏オフィシャルブログから一部抜粋)

若槻千夏は、ブログを終了する理由として

キャラクターのクマタン人気を大事にする

ために30歳になることと10年というキリの

いいところで終了しようと決めたようですね。

 

ちなみにインスタグラムはこれからも続ける

みたいなので、今後はインスタで若槻千夏

の近況なども知れそうですね^^

 

若槻千夏のWCの退任とのブログ終了との関係は?

若槻千夏は、2009年にWCというブランドを

立ち上げてこれまでかなりの人気ブランドに

成長してきました。

 

しかし、2013年1月にデザイナーを退任し、

同年7月には完全退任しています。

 

退任の理由としては様々な憶測が飛び交って

いましたが、若槻千夏は「自分が作りたいものが

WCでは作れなくなったからと」告白してましたね。

 

自分のブランドが大きくなっていく中でほんとはこっちを

作りたいのにこっちの方が売れるからこっちにしようというのが

こだわりのある若槻千夏には譲れないものがあったんでしょうね。

 

この退任がブログの終了と何か関係があるかは

わかりませんが、それがきっかけでいろいろと

気持ちの整理がついたということもあるかもしれませんね。

SponsoredLink

 

若槻千夏の激やせの原因は薬ではなく難病だった

若槻千夏は、デビュー当時のかわいいと

人気があった頃は、顔も少し丸かったですが、

最近はかなり激やせしていて、薬をやっている

のではという心配の声もあがっていました。

wakatuki

2012年の1月には中田英寿似の一般男性と

結婚して、同年6月には長女を出産しています。

 

この写真で見てもかなり激やせしていて心配に

なりましますが、薬が原因ではなさそうですね。

 

若槻千夏は難病の潰瘍性大腸炎だった

若槻千夏は、2006年に難病に指定されている

潰瘍性大腸炎という病気を患っているみたいです。

 

これは若槻千夏の所属事務所も公式に発表しています。

 

この難病に指定されている潰瘍性大腸炎という病気は、

大腸粘膜が炎症を起こしてただれて、びらんや潰瘍が

できる大腸の炎症性疾患です。

 

主な症状としては、便が少しずつゆるくなっていき、

症状が重くなってくると下痢や血便がひどくなります。

 

潰瘍性大腸炎は、高橋メアリージュンも患っていることを

最近、告白して話題になった病気ですね。

 

関連記事:高橋メアリージュンが難病・潰瘍性大腸炎でオムツを使うことも

 

若槻千夏は、その当時は2ヶ月ほどの療養ですぐに

芸能界復帰していましたが、この病気はまだ完治させる

ことはできないので今も潰瘍性大腸炎と戦っているんですね。

 

高橋メアリージュンも告白していましたが、ひどいときには

下痢がおさまらないのでオムツをしながら撮影をしていた

こともあったりとかなり辛いようです。

 

まとめ

今は愛する家族が心の支えになっていると思いますが、

また元気に活躍している姿を見せてほしいですね^^

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 大和田 祐子
    • 2015年 3月 20日

    はじめまして、お腸夫人です。私も29歳の時から潰瘍性大腸炎です。
    現在は50歳です。再発と緩和をこの20年間繰り返していましたが、入院は1回白血球除去をしただけです。効果があったのか?むしろなかったような…薬は最初の1年近くは服用していましたが、あとは全て捨てていました。ステロイドは浣腸で5〜6回したけど、止めました。去年はは良い時期が3か月ぐらいでつらかったです。色んなサイトで漢方が効くとあったので、地元の漢方の病院や薬局で調合してもらい服用すると、すぐに効果があり、バクバクなんでも食べましたが、やはり2か月過ぎると叉再発していました。

    今は徐々に善くなり、普通に食事しています。
    私は医師でもないし薬剤師でもありませんから、治りますとは決して言えませんが、ある程度のデータが揃ったら潰瘍性大腸炎の食事のあり方の講演をして早く同じく苦しんでいる、みんなにひろめれたらと思ってます。
    私はアナログ人間なのでブログとかは無理で口頭説明するしか手段がないのが残念です。

    今もガラ携からコメントしてみているけど…
    多分出来ていると思います。

    今もばっちりの状態ではありませんが、腹痛から開放されました。

    ただ全ての大腸炎の方々に当てはまるか?です

ページ上部へ戻る