高橋メアリージュンが難病・潰瘍性大腸炎でオムツを使うことも!

takahasi

5日放送の「私の何がイケないの?」に難病の潰瘍性大腸炎を患っていることを

告白した朝ドラ女優の高橋メアリージュンが出演しますが病気の影響で現場で

オムツを使わなければいけなかったことなどを語るみたいです。

 

 

SponsoredLink

 

高橋メアリージュンが患った難病・潰瘍性大腸炎とは?

高橋メアリージュンは、3月15日に自身のブログで

難病・潰瘍性大腸炎を患っていることを告白して

話題になっています。

 

高橋メアリージュンが患った難病・潰瘍性大腸炎は、

大腸粘膜が炎症を起こしてただれて、びらんや潰瘍が

できる大腸の炎症性疾患で、特に20代の女性に多い

病気みたいですね。

 

この難病・潰瘍性大腸炎の主な症状としては、初期症状は

便が少しずつゆるくなっていき、それが重くなってくると

下痢や血便がひどくなるようです。

 

実際に高橋メアリージュンも、当初は全く病気に気が

つかなかったみたいですが、昨年の8月ごろに血便が

出てから異変に気づき、その後の診断で潰瘍性大腸炎

を患っていることがわかったみたいです。

 

このように難病でありながら、初期症状としてはほとんど

症状がない病気なので怖いですよね。

 

タレントの若槻千夏も患っている病気ですね。

若槻千夏の激やせは薬ではなく難病・潰瘍性大腸炎だった!

 

さらに潰瘍性大腸炎の恐ろしいところは、治療で症状が

良くなったとしても、またその症状が悪くなくことも多い

病気みたいなので最悪の場合は一生潰瘍性大腸炎と

向き合っていかなければいけなくなることもあるみたいです。

 

SponsoredLink

 

高橋メアリージュンは現場でオムツを使うこともあった

高橋メアリージュンは症状がひどくなってからは、腹痛や

下痢などが収まらなくなって、食事どころか水を飲むことも

できないぐらいの辛かったときもあったようです。

 

長時間動けない撮影現場では、下痢がひどいときは1日に

20回もトイレにいくことがあったみたいで、スタッフに迷惑を

かけないようにしたのか、オムツを使用しながら仕事をしていた

こともあって、漏れちゃった時には本当に落ち込んだみたいです。

 

男性でもつらいでしょうけど、症状が症状なだけに特に女性は

ほんとにつらい病気ですよね。

 

高橋メアリージュンも「女として終わってる」と言っていましたが

病気だから仕方がないと思いながらもオムツを使うことには

かなりの抵抗があったでしょうね。

 

 

 

まとめ

モデルやドラマでも活躍している高橋メアリージュンですが、

この難病を克服してこれからも輝き続けてほしいですね^^

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る