視覚探偵 日暮旅人動画4話の見逃し配信を無料で見る方法

スクリーンショット 2017-02-09 14.00.48

『視覚探偵 日暮旅人4話』を見たかったけど見逃しちゃった!

無料で見れそうなサイトはあるけど、ウィルスに感染しそうでちょっと怖い。

 

こちらの記事ではの見逃し配信を違法アップロードされた動画ではなく、

『視覚探偵 日暮旅人4話』を公式に安全に無料視聴する方法をご紹介していきます。

『視覚探偵 日暮旅人4話』はHuluで無料視聴できます

スクリーンショット 2017-02-08 0.21.01

スクリーンショット 2017-02-07 15.14.19

 

『視覚探偵 日暮旅人4話』はHuluで見ることができます。

Huluは、最新のドラマ・映画・アニメから名作まですべて見放題なんです。

またテレビ・パソコン・スマートフォン・タブレットなど、どの端末でも見ることができるので、いつでもどこでも好きなだけ作品を楽しむことができます。

特に海外ドラマに関しては大手動画配信サービスの中でもダントツの作品数で、もちろん最新の海外ドラマも配信されています。

 

ちなにみHuluの他にもPandora.TV、Dailymotion、MioMioなど動画が無料で見れるサイトはありますが、そのようなサイトのほとんどが違法にアップロードされた動画ばかりなんです。

そのようなサイトは登録したりといった手間もなく、サイトに飛べばすぐに動画を再生できるのもあって気軽に利用してしまっている人は多いと思いますが危険なんです!

 

その動画を見たことで自分のパソコンにウイルスが侵入してしまって変な広告が表示されたまま消えないなんてことも起きる場合もあります。

それだけならまだしも、最悪のケースだと逮捕されてしまう可能性もあります。

違法にアップロードされた動画だと知っていた上でその動画をダウンロードすることは犯罪になり、2年以下の懲役、または200万以下の罰金となります。

 

その点、Huluは公式な動画配信サービスなので安心して見ることができます。

スクリーンショット 2017-02-07 15.14.19

 

Huluの2週間無料お試しでも見放題

Huluでは、2週間の無料お試しキャンペーンがありますので、あなたの見たい作品を無料で好きなだけ楽しむことができます。

さらに無料お試し期間中もすべての作品が見放題なんです!

 

Huluはポイントなどの追加料金は一切ないので、無料期間終了後も月額933円ですべての作品を見れるので安心して動画を楽しめます。

もちろん、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

『視覚探偵 日暮旅人4話』のあらすじ

かつて大物政治家・雪路照之(伊武雅刀)の秘書をしていた旅人(松坂桃李)の父が命を狙われる原因となった重大な秘密の書かれた『山田手帳』。雪路の兄・勝彦(眞島秀和)から因縁の手帳を託された旅人は、人知れずある計画に向けて動き始めていた……。

そんな中、陽子(多部未華子)は合コン好きの同僚保育士・智子(木南晴夏)に無理やり婚活パーティーへと誘われる。パーティー会場で戸惑う陽子をよそに、智子はヒカル・レイと名乗る男(三浦貴大)と意気投合し会場を後に。しかし翌日から智子は保育園を無断欠勤し、行方がわからなくなってしまう。

智子の身を案じた陽子は、旅人の目のことを心配しつつも探し物探偵事務所を訪ねる。ところが、目の力を使って山田手帳を視た旅人は、過去の記憶の強烈なフラッシュバックに襲われ前日から意識が戻らずにいたのだった。旅人不在の中、仕方なく智子の捜索に協力することになった雪路(濱田岳)は、麻薬捜査でヒカル・レイを追っていた刑事の増子(シシド・カフカ)たちと遭遇する。実はヒカル・レイは、鳥羽組のヤクザで『リッチー』と呼ばれる元締めのもとで麻薬を売りさばいていたと言う。リッチーの名を耳にした雪路は、ある嫌な予感がしていた……。

智子の消息が掴めない中、意識を失っていた旅人が目を覚ます。旅人に目を使わせまいと、智子が事件に巻き込まれたことを必死に隠す亀吉(上田竜也)と灯衣(住田萌乃)、榎木(北大路欣也)だったが、異変に気づいた旅人は「鳥羽組の売人」と聞くと慌てて事務所を飛び出してしまう。その頃、麻薬売買の元締めをしている謎の男・リッチー(北村有起哉)と鉢合わせた雪路は、なにやら意味深な会話を交わしていた。旅人の過去、そして雪路、灯衣に隠された謎が一つずつ明らかになろうとしていた……!!

スクリーンショット 2017-02-07 15.14.19

「視覚探偵 日暮旅人4話」の動画フルを無料で視聴する方法をご紹介してきました。

最後まで読んで頂きありがとうございました♪

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る