S-最後の警官に新キャスト参戦!3話でMの正体が明らかに!?

s_official_book_cover_-650x920-thumb-310x310-75

S-最後の警官の第1話からまたったく姿も見せなかった、

国際テロリストとも言われる謎の黒幕Mがついに動き出しますね^^

第3話のみどころと新キャストを紹介しちゃいます^^

 

SponsoredLink

 

S-最後の警官・新キャスト参戦!M役はオダギリジョー

 

S-最後の警官の1話、2話でたびたび犯人が口にしていた謎の黒幕「M」。

そのMが第3話でついに登場しますね^^

 

このMこと正木圭吾を演じるのが俳優のオダギリジョーです。

 

ちなみにMの正体がこちら ↓

コードネーム「M」と呼ばれる、国際テロリスト。世界中の紛争、武器の流通

にも関わっている節もあり、日本の暴力組織はもとより、これまで武器を手に

することのなかった者たちにまで殺傷力の高い武器をばらまいているが、

その真意は不明。NPS創設者である霧山六郎との繋がりが疑われるが、その実態は・・・

 

かなり謎の多い役ですよね^^

 

初めてのヒールな役に

 

オダギリジョーはこのようなヒールな役を演じるのは初めてみたいで、

プロデューサーと監督に「日曜9時はどこまでやれるんだ?」と聞いたようです。

かなりの意気込みですね^^

 

さらにこんなコメントも残しています^^

 

キャラクターの面白さと、ストーリーをひっくり返すような、物語のポイントを作って

行くような敵役なので、そういうポイントにエッジをつけて見ていただく方にすごく

嫌われながら、でもこういう人たぶんいるんだろうなと思われると嬉しいですかね。

 

監督も現場にオダギリさん演じる正木圭吾が立ち現れたときはその存在感に

身震いするほど感動したと言うほどにオダギリジョーのMに対する気持ちの入れよう

が伺えますね^^

 

打ち切りジョーの呼び名を払拭できるか!?

 

オダギリジョーはおととしの主演ドラマ「家族のうた」が打ち切りになり、

去年の「八重の桜」も登場するなり視聴率が下がるというジンクスがあり

打ち切りジョーとの呼び名も関係者の間では囁かれてきました。

 

S-最後の警官は高視聴率をマークしているドラマなだけに、

ちょっと不安な気持ちもありますが・・・(笑)

 

でも今回は、これまでやったことのない役柄ということもあって、

どれだけ存在感を見せてくれるのかも見ものですね^^

 

このまま高視聴率をキープして、打ち切りジョーを払拭して欲しいですね^^

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る