もやもや病の症状や原因が気になる!徳永英明もなっていた!

kaporu

今日の「世界まる見え」でも紹介していた恐ろしい病気もやもや病を

取り上げていたのですが、このもやもや病という病気は症状や原因は

どんなものなか詳しくまとめてみました。

 

SponsoredLink

 

もやもや病とは?

もやもや病とは、脳に血液を送る血管が詰まり、

脳が血液不足になる恐ろしい病気なんです。

 

もやもや病の名前の由来は、異常血管網が煙草のように

もやもやして見えることからもやもや病と名付けられました。

 

もやもや病の原因は?

もやもや病になる原因を調べてみたんですが、

自己免疫や血管炎説が考えられてきたみたいですが

原因は未だ不明で、日本では難病に指定されています。

 

もやもや病の症状は?

脳を栄養する血流が不足するために脳梗塞を

起こしたり、不足した血流を補うために新しく発生した

細い動脈が破れて脳出血を起こしたりします。

 

脳梗塞、脳出血を起こし、

治療は困難で、徐々に状態が悪化していくため、

特定疾患(難病)に指定されています。

 

徳永英明ももやもや病になっていた

このもやもや病に実はあの徳永英明も

なっていたみたいなんです。

 

幸い、症状は重篤ではなかったため、

休養で懸命に治療して見事復帰。

 

しかし、現在も細い血管を補うために、細い

血管は今でも脳内に伸び続けているそうです。

 

まとめ

このもやもや病は、今はの医学では完治させることは

できませんが、医学の進歩で早く完治できるような治療法

を見つけて欲しいですね^^

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る