工藤阿須加が父と同じ47番で114キロの始球式!妹も有名人?

kudo

西武で名投手として活躍していた元プロ野球選手の工藤公康さんの

長男で俳優の工藤阿須加が24日、西武ドームで行われたヤクルト戦で

始球式を務め、父と同じ背番号47番で114キロの速球を投げました。

 

ドラマ「ルーズベルトゲーム」にも出演中ということで話題の工藤阿須加

のプロフィールや家族についてまとめてみました。

 

SponsoredLink

工藤阿須加のプロフィール

工藤阿須加

生年月日:1991年8月1日(22歳)

出身:埼玉県

身長:180cm

職業:俳優

学歴:東京学館高等学校・東京農業大学卒業

所属:パパドゥ

工藤阿須加は、2012年にドラマ「理想の息子」に

初出演して俳優デビューし、同年に「悪魔ちゃん」

にも出演しています。

 

2013年には大河ドラマ「八重の桜」で主人公の弟

山本三郎役で出演したことがきっかけで俳優として

の注目を集めたみたいですね。

 

それにドラマ「ショムニ2013」でもショムニメンバーに

気に入られる宅急便の配達員役で出演しています。

 

工藤阿須加・西武ドーム始球式で114キロの速球!

工藤阿須加は、24日に西武ドームで行われた

西武対ヤクルト戦で始球式を務めました。

 

工藤阿須加は父と同じ背番号47番を背負い

マウンドに登場して、114キロの速球で見事な

ストレートを投げ、観客を沸かせました。

 

114キロの速球でストレートを投げた工藤阿須加

ですが、実は野球経験はないみたいです。

 

工藤阿須加はTBSで放送中のドラマ「ルーズベルトゲーム」

で150キロの速球を投げる天才投手の役をやっていますが、

すごくフォームがきれいなんですよね。

 

野球経験がないのに力のある114キロの速球

ストレートを投げてとるってすごいことですが、

やっぱりこれも父のDNAってやつなんですかね^^

 

工藤阿須加は、始球式を投げれたことについて

「率直に、ちょっとうれしかった。ずっと父の背中を

見てきてたので、その背番号を着てマウンドに

立てたのは自分の中では大切なものになりました」

と喜んでいたそうです。

SponsoredLink

 

学生時代はプロテニスプレイアーを目指していた?

俳優として活躍している工藤阿須加ですが、

実は、高校・大学時代はテニス部に所属し、

本気でプロを目指していたみたいですね。

 

高校時代は関東のテニス大会で2回戦敗退と

悔しい結果だったみたいですが、大学では

関東大会のダブルスで見事に優勝しています。

 

しかし、途中でケガをしてしまったことがきっかけで

テニスの道を諦め、俳優の道を選んだんだとか。

 

ケガで夢を諦めるというのはほんとにつらかったと

思いますが、結果こうして俳優として活躍している

工藤阿須加は持っていますね^^

 

というより目標に向かっての努力がすごいんでしょうね。

 

工藤阿須加の妹はプロゴルファーの工藤遥加

工藤阿須加には妹がいるんですが、その妹も有名人で

プロゴルファーの工藤遥加さんなんです。

 

あの横峯さくらも通ってきた大会でも優勝するなど

実力もこれからどんどん伸びそうな選手みたいです。

 

それにしても、父が元プロ野球選手で長男がテニス、

妹はプロゴルファーと完全に父のDNAを引き継いだ

スポーツ一家なんですね。

 

工藤阿須加もしケガでテニスの道を諦めていなかったら

プロになっていた可能性は十分にあったでしょうね^^

 

まとめ

元プロ野球選手・工藤公康さんの息子ということでも注目されて

いましたが、ドラマ「ルーズベルトゲーム」がきっけけでこれからは

俳優としての工藤阿須加にさらに注目が集まりそうですね^^

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る