角野友基 スロープスタイル決勝で惜しくもメダル逃すも8位入賞!

kadonoyuuki.

2014年ソチ五輪の新種目スノーボード・スロープスタイル決勝に

日本代表で出場した角野友基選手ですが、得意のトリプルコークを

決めるも惜しくもメダルは逃してしいました。

 

SponsoredLink

 

角野友基は8位入賞!

スロープスタイル決勝の順位と得点は以下の通りです。

金メダル:コッツェンバーグ(アメリカ)93.50

銀メダル:サンドベック(ノルウェー)91.75

銅メダル:マクモリス(カナダ)88.75

 

角野友基選手はメダルこそ逃しましたが、それでもみごと

8位に初入賞することができました。

 

決勝で角野友基選手は得意のトリプルコークを決めましたが、

2回目の着地の際に少し手がついてしまうというミスもあって、

得点が伸びませんでしたね。

 

角野友基選手のコメント

 

決勝を終えたばかりの角野友基選手はインタビューに対し、「オリンピックで

滑るっていうことは日本中のみんなにスノーボードっていう競技を見てもらうこと

になるので、スノーボードをメジャーにしたいとずっと思っていたのでそれを

叶えるためのオリンピックでした」とコメント。

 

それからオリンピックの大会を振り返って「普段の大会では味わえなような

観客の多さだったり、コースの雰囲気だったり、みんなが苦戦しているところ

だったりいろいろあったが、最終的にはすごく面白かった」とコメント。

 

今回は、強敵のショーン・ホワイト選手も棄権するほどの難易度の高い怪我の

リスクあるコースで、8位入賞という結果だけでも素晴らしいと思います。

 

角野友基選手も自分らしい納得いく走りはできて、自分らしさは出せたと

言っていましたしね。

 

とにかく入賞できて本当に良かっったですね^^

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る