竹内択も侵されていたチャーグストラウス症候群ってやばくない?

takeuchitaku

ソチオリンピックのジャンプ男子団体でみごと銅メダルを獲った日本代表チームですが、

その中の竹内択選手が明かしたチャーグストラウス症候群っていう病気がやばすぎるんです。

 

SponsoredLink

 

ジャンプ団体では16年ぶりの銅メダル

ソチオリンピック・ジャンプ男子団体でみごと銅メダルを獲得した日本代表。

 

伊東大貴選手は怪我を押し切って最後までいいジャンプをしてくれましたし、

葛西選手は、何度もオリンピックで悔しい思いしながら頑張ってきただけあって、

インタビューでは涙を流すほど喜んでいましたね^^

 

それぞれ大変な苦労を乗り越えてやっと掴んだとても価値のあるメダルだったんですね^^

 

その中でも竹内択選手は、病気にかかっていたことを明かし、病に冒されながらも

今回のオリンピックで結果を出し貢献してくれましたね^^

 

竹内択選手もなったチャーグストラウス症候群とは?

 

竹内択選手がかかったチャーグストラウス症候群って聞いても

知らない方の方が多いと思いますが、調べてみるとかなり大変な病気だったんです。

 

チャーグストラウス症候群

チャーグストラウス症候群という病気は、気管支喘息または

アレルギー性鼻炎といったアレルギー疾患に続いて起こる、

末梢血好酸球増多を伴う原因不明の全身性の壊死性血管炎であり、

アレルギー性肉芽腫性血管炎(AGA)とも呼ばれる。

 

このチャーグストラウス症候群は、120万人に1人がかかる難病みたいですね。

 

生存率は?

チャーグストラウス症候群の生存率は62~78%と高くはないみたいです。

 

高熱がでたり、最悪の場合は、脳出血、脳梗塞や心筋梗塞などの

重篤な障害が可能性もあるんだとか。

 

現在は、投薬を続けて良くはなってきているみたいですが、こんな難病を

抱えながらも、オリンピックに出場してメダルを獲ってくるってほんとうに

すごいと思いますし、感動しました。

 

まとめ

 

竹内択選手の難病の告白には驚きましたが、まだまだ

オリンピックでの活躍を期待したいですね^^

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る