2014年24時間テレビのランナーはTOKIO城島茂に決定!

tokio

今日の「行列のできる法律相談所」の生放送でついに今年の24時間テレビの

マラソンランナーが発表されましたが、TOKIOの城島茂に決定しましたね。

なぜ今回TOKIOの城島茂に決定したのでしょうか。

 

SponsoredLink

 

24時間テレビマラソンの歴史

24時間テレビは1978年に始まったチャリティー番組ですが、

始まった当初はマラソンはやっていませんでした。

 

24時間マラソンが始まったのは、1992年の15回目の放送からで

第1号のランナーは間寛平でしたが、コースが事前に告知されて

いたことから一目見ようと殺到した人が混雑してしまい中止に。

 

しかし、間寛平は16回目に200キロ、18回目には阪神大震災が

あったので、神戸から東京まで1週間もかけて600キロ走り切っています。

 

24時間テレビのマラソンといえば間寛平ですよね。

昨年の24時間テレビでも陸上競技で記録に挑戦していましたよね。

 

その後も、数々の芸能人が毎年マラソンを走り感動を与えてきましたが、

12年の佐々木健介・北斗晶家族のマラソンと13年の大島美幸の

マラソンは特に感動した記憶がありますね。

 

2014年の24時間テレビのランナーは城島茂に決定

ついに24時間テレビのランナーが決定しましたが、

予想では大久保佳代子か坂上忍あたりが怪しいな

と思っていたんですが、まさかのTOKIO城島茂でしたね。

 

行列のスタジオに登場した城島茂は今回のマラソンを

オファーされたのは1週間ぐらい前だったそうです。

 

なかなかギリギリにオファーかけるんですねw

 

オファーした時のVTRでは24間テレビサイドのスタッフは、

城島茂にオファーした理由として、「日本中の方が、みんなが

応援したい方にしたいと考えた結果リーダーだろう」ということで

決めたみたいですよ。

 

このオファーを受けて城島茂は「ドッキリですか?」と戸惑って

いましたが、かなり悩んだ末に「逆にお願いします、24時間

走らせてください」と走ることを決断しました。

 

こうして考えてみれば城島茂はあの憎めないキャラでもあるので

日本中が応援してくれそうな人柄ですよね。

 

これからがトレーニングなどでかなり大変だと思いますが、

ほんとに頑張って走り切ってほしいですね^^

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る